Service Hotline
+86-571-89987901
業界知識

製品カテゴリー

現在の状況と生物学的製剤の研究と開発の諸問題

先進国で、C 型肝炎ウイルス (HCV)、ひと免疫不全ウイルス (HIV) の核酸の検出は、感染血液の除去と TTI の発生に重要な役割を果たしている献血者のスクリーニングのため使用されています。アジアでは、日本は世界で初めて血中 HBV、HCV、国をスクリーニング 1 NAT で全国。ヨーロッパでは、1997 年以降しているメーカーがプラズマ スクリーニング、1999 年に公布された EU の NAT を使用し始めたいくつかの国で規制直接分離とプラズマにおける c 型肝炎ウイルス RNA の検出を必要とする HIV 1 RNA を増やしています。九十九では最後の世紀、米国業界と NIH、FDA は、HIV - 1 と c 型肝炎 - および NAT の検出システム。2001 年 FDA 承認生プラズマ検診 HIV 1 NAT 試薬および (国立遺伝学研究所開発) による HCV NAT 試薬の最初です。2004 年 FDA ガイドラインを発行して、ガイドラインの要件は、血液製剤の 6 ヶ月間企業と NAT 全血血液および血液成分の HIV と HCV 核酸スクリーニング作業を発行します。

上一条: 無

次条: 生物学的製剤使用常識

引き合い
Send
お問い合わせ
アドレス: B-2、第 2 番、西苑 8 道路、西湖区、杭州、中国
電話: +86-571-89987901
ファックス: 86-571-88883312
電子メール: biz@hairont.com